MENU









 



 LINK

















満月の会
 
満月のお話

満月は、物事が成熟する時期です。

新月で始まった方向性が頂点に達する時、結果がはっきりと現れてきます。

新月で思いついたアイデアをさらに前進させていく時期です。

今までの積み重ねをさらにパワーアップさせ、閃きや目的を探し出し情熱を高めると成功へと導いてくれます。

満月の日は、衝動的になりやすく自己コントロールをしっかりとすべき日でもあります。

 

 
満月の海水で石たちを浄化
月は、私たちの肉体や精神に影響を与えます。

ですので、ジャパン・ミカエルでは、満月の夜に海水を汲みに行き、パワーストーンを浄化しています。

満月の海水を汲んで、パワーストーンを1晩つけます。
 
次の日、海水から上げて水洗いをして下さい。
 
浄化されて、石たちがキラキラと輝きを取り戻します。

 
 
今月の満月
   
月のカレンダー







 
 月についての考察

満月
引力がもっとも強くなるときです。
満月の日には出生率が高くなるといいます。
現在では、満月の3日前は、出生率が一番高いようです。
それと、同時に、命が亡くなる率も高いのです。
「生」と「死」は、エネルギーのもっとも必要な瞬間です。満月が、そういった時期に重なるのは、エネルギーが非常に高まる時期ではないからでしょうか。
また、身体における影響は、体がなんでも吸収しやすい時です。
ダイエットには不向きです。
薬物や、アルコールも吸収されやすいので、気をつけてください。
でも、サプリメントや栄養素をとるには、最適です。
満月は、出血量も多くなるので、手術には不向きです。普段より、水分が組織に吸収しやすくなっているので、結合組織が柔らかくなりますので、手術の経過がよくないようです。
人間の体液や、血液をも引力が引っ張るので、神経が活性化されます。
ホルモンバランスがくずれるので、衝動的、攻撃的な感情も高まり興奮しやすいそうです。
身体能力や、脈拍も増すので、動きたい衝動にかられる人が多いようです。

新月
新月も引力が強いです。その作用は、満月とは逆になることもあります。
人の出生率は最低になります。
しかし、亡くなる率は、満月と同様に高いのです。
満月と新月は、カンが非常に冴えるのです。脳神経が月の引力によって張りつめるからです。
満月は動物的カン。
新月は精神的、内向的なカンが冴える時です。瞑想・思案などは、新月には積極的にしてみるのもよいですね。
タバコ・アルコールの禁止は、新月から始めると成功率がたかくなります。
禁断症状が軽い時期なのです。
「放出」の力が強いのが新月。サウナや岩盤浴、半身浴などをすると汗がたくさん出て効果的です。

下弦の月
満月から新月へと向かう時期。
満月の時は吸収しやすくなっていますが、それを過ぎると、「放出」のい力が増します。
発汗・解毒・発散などの時期です。
下弦を過ぎたころの手術は出血量が少なくなります。
回復も早く、傷跡も消えやすいです。
肌のお手入れでは、クレンジングなど、洗浄して汚れをとるのに効果があります。

上弦の月
新月から満月へと向かう時期。
体が吸収しやすくなっていますので、ダイエットには不向きです。
筋肉トレーニングなどの体作りには効果があります。
欠乏したものを補うのによい時期です。
上弦・下弦は引力も弱くなり、神経も穏やかになります。気分も落ち着きます。
しかし、半月に時期は交通事故が多くなるので、気をつけてください。
神経の緊張が解ける時期でもあるので、気を引き締めて運転をしてください。
肌のお手入れは、保湿クリームなど、吸収させるものが良いでしょう。
 
 
 月の星座の影響力

          月の星座とは?

星占いで使われる12星座は、1年を通して設定されていますが、月に関しては、一ヶ月で、12星座を一巡させます。
月の場合2・3日で次の星座へ移行します。
その星座に支配されている身体の部分は、その時期に、手当てをすると普段の2倍効果があり、負担をかけたり無理をすると2倍の不利をもたらしてしまいます。
食物の栄養素にも影響があります。
例えば脂質に影響のある日は、脂っこい物を美味しく感じる人もいれば、正反対に、匂いを嗅いだだけで気分が悪くなる人もいます。
人によって違った影響が現れるので、ご自分のリズムを見つけてくださいね。


おひつじ座  (火・暖かさ  頭・目・鼻  たんぱく質)


おうし座  (土・寒さ・大地  首・喉・耳  塩)
○ 首・うなじ・肩のマッサージが有効
○ 首を冷やすと肩が凝る
○ 春と秋のおうし座の時は喉を痛めやすい。お茶・薬がよく効く
○ 寒い時には耳を保護する

ふたご座  (光・風  肩・腕・手  脂肪)
○ ふたご座で新月・満月の時は天気が変わりやすい
○ 活き活きとした元気な気分でいられる
○ 肩のトラブルに入浴・体操・鍼がよく効く

かに座  (水  肺から胆のうまでの内臓  炭水化物)
○ 髪のカットをさけたほうがよい
○ 水の星座共通で、なんとなく気分の落ち着かない状態になることがある
○ 湿り気が残るため、できれば布団を干さないほうがよい
○ この日に徹夜をすると肝臓が回復しにくいため、他の日よりつかれやすい

しし座  (火  血液・心臓  たんぱく質)
○ 行楽日和となり、喉が渇きやすい
○ しし座の日にパーマをかけるとかかりやすい

おとめ座  (土・寒さ・大地  大腸・小腸・脾臓・膵臓  塩)
○ おとめ座の日に髪をカットすると長持ちする。パーマにもむいている
○ 胃腸の弱い人は2〜3日さっぱりした食事がよい

てんびん座  (光・風  腰・腎臓・膀胱  脂肪)
○ とても平穏でバランスのとれた日
○ 身体の浄化のために15時〜19時の間、水分をたくさんとるとよい

さそり座  (水  生殖器 尿路  たんぱく質)
○ なんとなく根気がなくなる。
○ 精神的、身体的エネルギーが、やや落ち込み、いつもとちがった考え方になる

いて座  (火・暖かさ  大腿  たんぱく質)
○ 新月・満月の日は天気がかわりやすい
○ 大胆になり、軽率な行動になってしまいやすい

山羊座  (土・寒さ・大地  膝・皮膚・骨  塩)
○ 頭がスッキリするので、大切な仕事をするとよい
○ 暑い日にも暑さを不快に感じない
○ 肌の手入れに向く

水がめ座  (光・風  下腿  脂肪)
○ さわやかで気持ちがよい日。光が強く曇りでも眩しい
○ 仕事が散漫になり、直感的に物事を考えるようになり、規則通りに行動するのがいやになったりする

うお座  (水  くるぶしから下の足  炭水化物)
○ 足裏マッサージの効果が大きい
○ 身体にはいるもの(ニコチン・アルコール・食事・薬など)は普段よりはるかに強く作用する
 
     
copyright 2008 Tsuzuki @ Office Web Factory All Rights Reserved